住宅ローン予備知識

HOME » 住宅ローン予備知識

住宅ローン予備知識

ローンの種類

大きく分けて民間融資と公的融資があります。

◯民間融資 ・銀行ローン:
民間の銀行が貸し出しをしているローンです。さまざまな種類のローンがあります。
・フラット35住宅ローン:
住宅金融支援機構の証券化支援事業を活用した、長期・固定金利の住宅ローンです。
○公的融資 ・住宅金融支援機構融資:
住宅金融支援機構が貸し出します。
固定金利で長期返済ができるという特徴がありますが、融資に際しての細かな条件もさまざま設けられています。
・財形融資:
会社等で財形貯蓄をしている場合に借りることができます。
一般財形貯蓄、財形年金貯蓄のいずれかを1年以上継続し、50万円以上の残高があることが条件です。

このページの先頭へ

返済方法
元利金等返済
月々決まった額(元金+利息)を返済する方法。金利が変動タイプの場合、返済額は5年ごとに見直し、次の5年間の返済額を定めます(利率に変動があった場合にも、見直しするまでは返済額は変更しません)。ただし、利率が上昇し返済額が増額となった場合でも、それまでの返済額の125%を超えることはありません。
メリット :
毎回の返済額が同じなので長期に渡る返済計画が立てやすい。当初の返済額は「元金均等返済」に比べて小さく負担が少ない。
デメリット:
返済当初は利息の支払いに当てられる割合が大きく元金が減るペースが遅い。
元金均等返済
月々決まった元金に、利息を加えた額を返済する方式です。
メリット :
毎回、一定額の元金を返済していくので、「元利金等返済」に比べて、ローン残高が確実に減り、トータルで支払う利息が少ない。
デメリット:
返済当初は利息の支払が多く、返済負担が重い。

このページの先頭へ

金利の種類
  • 金利が変動する「変動金利方式」
  • 選択期間中は金利が変動しない「固定金利選択方式」
  • 全期間金利が変動しない「全期間固定金利方式」
  変動金利方式 固定金利選択方式 全期間固定金利方式
金 利 年2回見直し 固 定 固 定
期 間 特になし 2年、3年、5年、7年、
10年、15年、20年の
いずれか
11年~15年、16年~20年、
21年~25年、26年~30年、
31年~35年
毎月のご返済額 5年ごとに見直し 選択期間中は一定 全期間一定
特 長
図は金利推移
イメージ

このページの先頭へ

シュミレーション
住宅ローンの借入期間と年収に対する返済基準

住宅ローンの借入期間は、銀行にもよりますが「80-現在の年齢」で算出できます。
35年ローンが組めなくなるのは45歳以降になりますので、45歳までなら大丈夫です。

ちなみに住宅ローンの審査において希望借り入れ年数と年収に対する返済比率は非常に重要な要素となります。

借り入れ金額の4%(メガバンクの場合)で試算して1年の支払いが、
年収の35%(年収により40%でもOK)以内かどうかが、住宅ローン審査の一つの基準となります。
あとは個人の信用情報次第です。

金利・ご返済期間による毎月のご返済額の違い
■お借入額3,000万円・ボーナス返済の併用あり(ボーナス月は年2回毎月分の2倍)・ご返済全期間の金利を同率で計算
金利/ご返済期間 15年 20年 25年 30年 35年
2.0% 165,556円 130,145円 109,039円 95,085円 85,215円
2.5% 171,563円 136,337円 115,419円 101,652円 91,969円
3.0% 177,702円 142,702円 122,012円 108,471円 99,010円
3.5% 183,969円 149,237円 128,813円 115,534円 106,329円
4.0% 190,368円 155,942円 135,821円 122,838円 113,917円
4.5% 196,894円 162,814円 143,030円 130,372円 121,760円
5.0% 203,546円 169,847円 150,433円 138,126円 129,845円
5.5% 210,324円 177,041円 158,026円 146,094円 138,162円

*あくまでシミュレーションであり、実際にお借り入れいただく場合のご返済額と異なることがあります。

■お借入額3,000万円・ボーナス返済の併用なし・ご返済全期間の金利を同率で計算
金利/ご返済期間 15年 20年 25年 30年 35年
2.0% 193,051円 151,763円 127,155円 110,884円 99,377円
2.5% 200,036円 158,970円 134,584円 118,535円 107,247円
3.0% 207,174円 166,379円 142,263円 126,481円 115,455円
3.5% 214,463円 173,986円 150,185円 134,712円 123,985円
4.0% 221,905円 181,793円 158,350円 143,223円 132,831円
4.5% 229,497円 189,794円 166,749円 152,005円 141,977円
5.0% 237,236円 197,985円 175,375円 161,045円 151,404円
5.5% 245,124円 206,365円 184,225円 170,335円 161,104円
*あくまでシミュレーションであり、実際にお借り入れいただく場合のご返済額と異なることがあります。

このページの先頭へ

団体信用生命保険
団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)は、住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。

金融機関が、ローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むもので、掛け金も安く、また加入時年齢による保険料の違いなどもありません。

もし団信に加入していない場合に一家の大黒柱に万が一のことが起こったら、残された家族が住宅ローンを返済し続けなくてはなりません。他の生命保険との兼ね合いもありますが、マイホームに安心して住み続けるために、団信はとても重要なものとなります。

このページの先頭へ

今月の特選情報
ローン支払シュミレーション

物件価格:8980万円

ローン総額:8480万円、
頭金500万円
ボーナス払い193,615円、
金利:2.55%
借入総額 8480万円に対して:

月々:273269(420回払)